大野小学校の歴史  <明治時代>

  

  学校のできごと そのころの大野町のできごと
    (明元) 大野の小沼堤防が切れ,池ができた。
(明5) 人々が名字を名乗ることができるようになった。    
1872年(明5) ○金巻村の聞念寺支坊を借りて校舎とし,「新々舎」と呼んだ。
1873年(明6)  ○法令に基づき「第5中学区第12小学校公立大野校」と呼び,渡辺藤次右エ門宅に移った。
○4つの分校(木場校,板井校,黒鳥校,小新校)ができた。
(明7) 大野町郵便局ができた。
    川蒸気船会社ができ,新潟と長岡の間を往復するようになった。
(明8) 今の諏訪神社の拝殿ができた。 
1875年(明8) ○教場がせまくなり,旧里正 白井喜久蔵宅に移った。
1880年(明13) ○宗村萩松宅に移った。 (明12) 小沼堤防,鳥原・寺地の堤防が破堤した。洪水のため諏訪神社の本殿がこわれ,修理した。
 
1882年(明15) ○金巻村326番地に校舎を作り始めた。
1883年(明16)  ○金巻小学校と名前を変えた。
○校舎ができ,移った。
○通学が不便なため,「鳥原組小平方分校」「鳥原分校」を新しく作った。
(明16) 蒸気船会社「進航社」と「安全社」が新潟と長岡の間を運行するようになった。
(明17) 2つの蒸気船会社が合併し,「安進丸」が運行するようになった。 
1887年(明20)  ○学区の改正で各村が独立して設置することとなり,本校は「公立尋常科小学校」と呼んだ。
○本村字本地に簡易小学校を設けた。
1892年(明25)  ○簡易小学校をなくし,「村立尋常科金巻小学校」と名前を変え,鳥原組小平方分校を合一した。 (明22) 市町村制が実施され,板井村,木場村,黒鳥村,鳥原村,金巻村ができた。
(明23) 初めて衆議院選挙が行われ,山際七司さんが当選した。
1893年(明26) ○「村立金巻尋常小学校」と名前を変えた。 (明27) 日清戦争が起こり,大野から4名の兵士が出征した。諏訪神社の拝殿が改築された。
(明29) 横田切れ大被害。信濃川に新堤防(今の国道8号線)ができた。
(明30) 蒸気船会社「白根丸」が運行を始めた。
1898年(明31)  ○大野校高等科(修業年限4か年)を併設し,「村立金巻尋常高等小学校」と呼ぶこととした。 (明34) 町村合併により,五か村が合併し「黒埼村」となった。
     大野町大火で317戸が焼失した。政之丈火事と呼ばれる。
1902年(明35)  ○「鳥原尋常小学校」を「村立金巻高等尋常小学校」に合一し,「村立大野尋常高等小学校」と名前を変えた。鳥原,鳥原新田,小平方,寺地,立仏の児童は鳥原校舎を使って勉強した。
1903年(明36) ○校舎がせまくなり,金巻村の聞念寺を借りて高等科児童が勉強するようになった。 (明36) 大野消防組(今の消防団)が発足した。
     栄町付近で大火。34戸が焼失した。
     下町大火。17戸が焼失した。
(明40) 大野町大火で223戸が焼失した。平次火事と呼ばれる。  
1904年(明37)  ○尋常科の課科に,唱歌,裁縫の2科目を加設する件が認可された。
○高等科の教科に,農業科を加設し随意科目とする件が認可された。
1906年(明39) ○本校に「大野実業補習学校」を附設した。
1907年(明40)  ○大野大火が起こり校舎が焼けたため,黒埼村隔離病舎を尋常科仮教室とした。
○尋常一学年に対し,二部授業を実施した。
1908年(明41) ○尋常科6か年,高等科2か年となった。 (明43) 源五右衛門橋に安進丸が衝突する事故が起こり,数名の死者が出た。(その後,この橋は修理せずに廃橋となった。)
(明44) 五区に渡し船が始まった。
     大野に自動車が初めて走った。
     電話が初めて入った。
(明45) 電灯(エレキ灯)がともされた。
1909年(明42) ○「鳥原分教場」は「大野尋常高等小学校鳥原分教場」として認可された。
1910年(明43) ○大野校新校舎ができあがった。

(参考・引用文献 「百十年のあゆみ」 大野小学校編)